ネイルサロンの魅力について

ジェルネイルが変色!?その理由と対処法

ツルツルでウルウルのジェルネイルに夢中になっている女性が増えていますが、日が経つにつれてなんだかジェルが変色してきた…と感じたことはありませんか?ツヤツヤな状態は変わらないのに、少し黄ばんできたように見えたり、黒ずんできたと感じたりしたら、それはジェルが変色している状態!放っておいても悪化するだけです。

 

せっかくのオシャレなネイルが台無しになってしまわないよう、変色したと感じた時の対処法や原因をご紹介していきます。

 

ジェルネイルが変色するってホント?実はよくあること!

 

ジェルネイルを長く楽しんできたけれど、特に変色を感じたことがないという方も多いのではないでしょうか?濃い色のジェルをメインに楽しんでいた場合、あまり変色に気づかない場合があります。しかし、クリアやホワイトなど明るい色・薄い色を多く楽しんでいた場合は気が付きやすい変色。可愛いネイルが日に日に汚くなってしまうのでショックですよね。

 

「変色」と言っても、黄ばみがかってくるものや、黒っぽくなってくるものなどさまざま。いずれにしても、施術直後の透明感や発色が失われてきたり、色合いが変わって見えたら変色していると思った方がいいでしょう。特にクリアネイルの場合、施術から半月ほど経った頃に透けている自爪部分が黄色っぽく見えるのですぐに変化に気づくはずです。白いネイルの場合も色味が汚く感じてきて変色に気づくことがあります。日頃からネイルをよく観察しておけばすぐに対処できますよ。

 

ジェルネイルが変色してしまう原因とは?思い当たるなら改善しよう

 

ジェルネイルが変色してしまう原因は、日常生活の中に沢山あります。黄ばみの原因となるのは、紫外線やたばこのヤニ。喫煙している方はジェルの表面にヤニが付きやすく、クリアネイルやホワイトネイルが黄ばむことがよくあるので気を付けたいですね。

 

また、温泉に入ると硫黄の成分が付着して黒ずむことも。市販のヘアカラー剤や白髪染めが付着した場合も同じように変色してしまいます。掃除のときに強力な洗剤を使ったりすると変色することもあるので、できるだけこうした要因を取り除いていけば安心。洗剤を使う時やヘアカラーの時はゴム手袋をして、ジェルに洗剤やカラー剤が付着しない環境を作るといいでしょう。

 

しかし、紫外線や温泉、たばこのヤニなどはどうしても防げず、付着してしまうこともありますよね。こんなときは、以下の方法で対処するのがおすすめです。

 

ジェルネイルの変色を感じたらこう対処しよう

 

変色してきたと感じたら、ジェルネイルの表面を除光液で拭き取ってみてください。こうすることである程度の汚れを除去できるので、施術後のようなピカピカネイルに戻ることがあります。ほとんどの場合、たばこのヤニや温泉の硫黄などはこの方法で落とすことが可能です。ただし、注意したいのは除光液が「アセトンフリー」であること。

 

アセトンはジェルを溶かしてしまうことがあるので、アセトンの使われた除光液は絶対NG。使う前に除光液にアセトンが含まれていないか確認してから行ってくださいね。なお、薬剤などで変色してしまったものはこの方法でも治らないことがあります。こうした場合はジェルをお直しするしかないため、予防策として手袋着用で作業することをおすすめします。

 

紫外線による黄ばみの場合、UVトップコートを塗ることで解消可能。日常生活では外出時の太陽光だけでなく、蛍光灯からも紫外線が出ているので黄ばみやすい状態。UV対応のトップコートを塗ってキレイな状態を保つのが有効です。

 

ライトに当てる時間も見直して!ジェルネイルの硬化時間に気を付けよう

 

しっかり硬化させようとしてライトに長時間当てている方は、この時間を見直してみましょう。ジェルネイルを硬化させるUVライト・LEDライトは、適切な時間を守ることでキレイな仕上がりにしてくれます。

 

照射時間が短ければしっかりと硬化せず、剥がれやすい・黄ばみやすい・折れやすいなどの原因に。逆に照射する時間が長すぎると、必要以上に熱を持ってしまったり、黄ばんでしまう原因になると言われています。短すぎても長すぎても適切ではないので、必ずライトやジェルに定められている時間を守りましょう。

 

UVライトはLEDライトに比べて照射時間が長めに設定されています。自分の持っているライトがどっちのタイプなのかで目安時間は変化しますので、必ず確認してから使うようにしましょう。

 

まとめ

 

日々の生活の中で、ジェルネイルが変色してしまう要因は沢山あります。ネイルサロンで施術してもらった時よりも、数日経った時の方がくすんだように感じたら、上記で紹介した原因に当てはまっていないかチェックしてみてください。もしも当てはまっているようなら対処して、いつまでもキレイなネイルをキープしましょう。

 

除光液で拭き取っても改善されない!と言うときは、あまりにひどい状態ならネイルサロンでお直ししてもらうのがおすすめです。

 

 

ネイルサロンで長さ出し!日常生活で困らない方法

短い爪では映えないデザインも、長さ出しすることで美しいネイルに見せることができます。女性らしい手元になれるためネイルサロンでは長さ出しを注文する女性も少なくありません。しかし、普段爪を伸ばしていない人にとって、急に長くなった爪は扱いにくいもの。日常生活で困ってしまうことも多数あります。

 

そこで、オシャレに長さ出ししたネイルでも、日常生活を快適に過ごす方法をご紹介してみたいと思います。

 

ロングネイルの魅力は、指をキレイに見せること

 

爪が長いと、指が細く長く見えるので手元をキレイに見せやすくなります。女性らしい上品な手元に仕上げたい時や結婚式などでは、ロングネイルのほうがエレガント。キレイに引き立てたい時に最適と言えるでしょう。ネイルサロンで用意されているサンプルチップも長めのものが使われているのはこれが理由です。

 

凝ったデザインの場合、爪にある程度の長さがあったほうが映えますので、存在感のあるネイルを楽しみたい時はロングネイルに仕上げてもらうといいでしょう。グラデーションなど徐々に色が変わるアートも美しく見えます。また、アートする面積が多くなることで、デザインを見せやすいというのもロングネイルならではの特徴です。

 

 

 

指先を使う動作でネイルが邪魔に?そんな時はこうしよう

 

普段の生活で、指先を使う動きは数えきれないほど沢山ありますよね。そんな時、長さ出しした爪が邪魔になってしまうことがあります。これではオシャレを楽しめない!と言う方も多いかと思いますが、ちょっとした工夫で快適になりますよ。

 

例えばATMの操作・切符の券売機などタッチパネルの画面を押す時、爪が長いと押しにくく感じます。こうした液晶画面は感圧式と言って押した圧力を感知して反応するので、ペンなどを使って押すのもアリ。また、スマホなど静電式のタッチパネルは、指からの静電気を感知して反応するので、ペンでは反応しません。こうした場合は指を折り曲げて関節部分で押すのがおすすめです。

 

服のボタンを留める・缶ジュースのプルタブを開けるという動作でも指先を使いますが、ボタンを留める時は焦らなければ大丈夫。爪の先ではなく指のサイドで掴むようにすればうまく留められます。プルタブはロングネイル専用のオープナーを使ったり、指の側面を使えば楽に開けられますよ。

 

パソコンを使う仕事の方は、ネイルの長さを控えめに!

 

長さ出しした爪で最も困るのは、パソコンを使った作業の多い方です。キーボードを打つ際に爪が引っかかって打ちにくくなるので、あまり長すぎる状態にならないように気を付けましょう。長さ出しの目安ですが、ネイルフォームの最大目盛りまで出してしまうと長すぎるのでNG。

 

最も快適にパソコン作業ができるのは、自爪の2倍までの長さです。自分の爪の長さの倍以上にならないように気を付けましょう。ネイルサロンでオーダーする際は、ネイリストにパソコンで作業することを伝えれば、過度な長さ出しにならずに済みますよ。

 

どうしてもかなり長い爪を楽しみたいという方は、キーボード用のシリコンカバーを装着し、滑りにくいキーボードにすれば指の腹で押しやすくなります。

 

ピアスとネックレスの装着の時に注意しよう

 

爪が長いと、女性の場合はアクセサリーの装着時に時間がかかります。ネックレスの金具がなかなか取り付けられなかったり、ピアスがうまくはめられないということがあるのですが、この場合も慌てずにゆっくり行えば大丈夫です。

 

ピアスはキャッチをしっかり持って、軸にはめ込むようにします。鏡を見ながら行えばわりとスムーズに装着できるので、なかなかピアスが付けられないという方は鏡の前でやってみてくださいね。ネックレスの場合は、ロングタイプなら金具を前に持ってきて見える場所で取り付ければ簡単。

 

短めのネックレスは見える場所で装着できませんが、留め具をしっかり爪と指の隙間で押さえて装着すれば楽にできます。

 

長さ出しするならどのくらい?ロングネイルを楽しむコツ

 

爪を徐々に伸ばすのと違い、長さ出しはその場でロングネイルになれます。普段短く整えている方が急に長くしてしまうと違和感を覚えやすいのですが、そんな時は少しずつ長さを出していくのがおすすめです。

 

初めての長さ出しの場合、自分の爪の1.5倍程度にとどめて生活に慣らしましょう。1カ月ほどしてネイルサロンへ出向いた時、今度はもう少し長めに自爪の2倍ほど、次回は2.5倍と言うように、だんだんと長くしていけばロングネイルの生活に慣れてきます。常に長さを出していると指先の間隔もロングネイルに慣れてくるので、日常生活も問題なく過ごせますよ。

 

エレベーターのボタンなども自然に関節で押すことに慣れてくるので、ここまでくれば不便さもなくなります。

 

まとめ

 

オシャレでキレイに見えるロングネイル、楽しむなら上記のコツを参考にしてみてください。日常生活で感じる不便さが解消され、爪が長くても快適に過ごせるようになりますよ。初めて長さ出しする方は少しずつ慣らして、憧れのロングネイルにトライしてみてはいかがでしょうか?